ナチュラルドッグフード 子犬

ナチュラルドッグフードの対象年齢は?子犬でも大丈夫?

ナチュラルドッグフード 子犬

 

アランズのナチュラルドッグフードラムで愛犬の健康を守りましょう!

 

市販のドッグフードは安価ですが添加物がいっぱいですよね

 

子犬のうちからそのような物ばかり与えていると後々健康被害が出るワンちゃんが出る懸念がされています。

 

大切なペットの健康を守るため質の良いご飯を与えたいですよね。

 

アランズのナチュラルドッグフードは子犬に与えても大丈夫なのでしょうか?

 

また犬種や大型犬、中型犬、小型犬や体重によって制限などあるのでしょうか?

 

その点について調べました。

 

ナチュラルドッグフードの子犬対象年齢は?

 

ナチュラルドッグフードは、成犬向けフードなのですよ。

 

え?じゃあ子犬はダメなの?

 

って思われている方に目安として生後7ヵ月以上であれば大丈夫です。

 

大体1年で成犬と言われていますが犬種や大きさによっても変わってきます。
アランズナチュラルドッグフードは7カ月以上を推奨しています。

 

ちなみに

 

幼稚犬:4ヵ月未満
幼犬:4ヵ月以上〜7ヵ月以上
若犬:7ヵ月以上〜1年6ヵ月未満

 

としています。

 

1年未満であっても7カ月以上経っていれば幼犬は脱して若犬になっているので与えても大丈夫です。

 

そして7カ月以上のあらゆる年齢・犬種のわんちゃんに必要な栄養をそなえています。

 

ナチュラルドッグフードを与えるときの注意点

 

いきなりワンちゃんの食事を変えてしまうと

・下痢になった
・吐いちゃった
・食べない

 

なんてことがあるので給餌量には注意しましょう。

 

普段食べているワンちゃんのご飯からアランズ ナチュラルドッグフードに切り替える場合は食べ慣れたフードに新しいフードを少しずつ混ぜて慣れさせましょう。
少なくとも7日間ほどかけてゆっくり慣らしていくようにしてください。
1日目は25%、 3日目は50%、5日目は75%、7日目は100%を目安に与えれば偏食気味のワンちゃんや警戒心の強いワンちゃんでも食べてくれるようになります。

 

ナチュラルドッグフード 子犬

 

 

食事量は1日1〜2回で一回で食べきるようにしましょう。
いったん食事が終わったら食べ残しがあっても器を片づけましょう。

 

ナチュラルドッグフード 子犬

 

※給与量は、あくまでも目安となります。
この量を目安にし、ワンちゃんの体重の変化や うんちの状態をもとに、最適な量をご調整してください。

 

大切な愛犬には安全なものを与えたいですよね。

 

人工添加物・肉の副産物・着色料・保存料・香料は不使用!
またアレルギー源となりやすいと言われる、小麦・大豆・乳製品・とうもろこし・牛肉・豚肉は不使用!

 

そんなナチュラルドッグフードなのですが口コミが気になりませんか?

 

ナチュラルドッグフードの悪い口コミと良い口コミを調べました。